自家焙煎珈琲豆の販売・卸販売。海の見えるカフェ。石川県加賀市片野町【Sea side cafeうみぼうず】

石川県加賀市片野町【Sea side cafeうみぼうず】

2018年2月

            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28      

月別 アーカイブ

最近のブログ記事

検索

2018年2月のアーカイブ

美味しくコーヒー

(2018年2月15日 15:10) | コメント(0) | トラックバック(0)
「コーヒーが飲みたい」
そんなコーヒーに何を求めますか?
苦み、渋み、酸味、、、
何かが飛びぬけていたり、
何かが引っかかったり・・・
豆の種類によっての風味の違いなど、
umibouzu drip.jpg
焙煎による甘味の引き出され具合などでも違ってきます
それぞれの豆のそれぞれの風味に合ったバランス、 
それらの要素が重なり合って作用しあって一つになって一杯のコーヒーになる
それぞれの豆には美味しいバランスがあると思う
何かが飛びぬけたり、何かが引っかからないよう 
それらの要素がバランスよく上手くお湯に溶け込ますための焙煎、
時間経過による美味しさの変化など考えながらの焙煎 
美味しいコーヒーを引き出すバランス

味の再現

(2018年2月 5日 13:19) | コメント(0) | トラックバック(0)
うみぼうずで飲むコーヒーを自宅で再現 
もちろん出来ます 
うみぼうずの豆で、同じ条件でコーヒーを淹れてくだされば可能です 
特殊な淹れ方、他の器具での抽出 
いろいろコーヒーの抽出方法があります
同じコーヒー豆を使ってもそれぞれ違った表現での風味になります 
より美味しく自分好みの抽出も可能です 
うみぼうずドリップ.jpg
だから面白い 
うみぼうずは焙煎珈琲豆屋さん 
それぞれで美味しさが抽出でき美味しく飲める・・・
そんな万能なコーヒー豆、
特別な抽出方法が必要でなく 
器具を選ばず、技術そこそこで・・・・
うみぼうずドリップで.jpg
そんなコーヒー豆 
家電のコーヒーメーカーででも美味しい 
もちろん、手間暇かけて究極の技術の腕前で淹れればなおさらのこと 
そんな美味しく楽しい・・・究極のコーヒー豆・・・・・・
欲張りなうみぼうずが目指すそんなうみぼうずのコーヒー

コーヒーの酸味

(2018年2月 3日 11:55) | コメント(0) | トラックバック(0)
うみぼうずに初めて足を運んでコーヒー豆をお買い求めいただく方や 
店内で初めてコーヒーを楽しまれる方々からよく耳にする 
「コーヒーの酸味が苦手なので酸味のないコーヒーはどれですか?」
「酸っぱいくないコーヒーはどれですか?」
とかまたは、「本日のコーヒーは何ですか?」と聞かれれば
例えば「本日はガテマラです」とお答えすると
「あ~あのガテマラの強烈な酸味が苦手なのよねぇ」というどこかで飲まれた酸っぱいガテマラが全てだと思い込んでいる方々の声を耳にすることが多々あります 
そもそも、コーヒーの酸味とはどういうものなのか 
その度合いはコーヒーの銘柄によっても若干異なりますが
どんなコーヒー豆でも生焼けに焙煎するととても不快な酸味が強烈に出ます 
すなわち酸っぱいコーヒーになります 
その生焼けの酸味と、
キッチリ程よく焙煎された浅煎りの焙煎の醸し出す酸味とはまったく次元が異なります 
浅入りと生焼けとは全く違う異なる酸味の話なのです 
うみぼうずでは大体お客様には「酸味の無いコーヒーはありません」とお答えしています
しかし、必ずお尋ねします、察するに
「客様の言う酸味とはどこかで飲まれた酸っぱいコーヒーのことですか?」と
すると大体はそうだと答える そう言われるお客様にはあえて当店一番の爽やかな酸味を誇る
「タンザニア」通称キリマンジャロをお勧めしたりします 
すると、それを口にされたお客様の多くから「えっ?!酸っぱくないですけど?」と返ってくる 
うみぼうずでの言いたい酸味とは「甘みを醸し出す酸味」心地よい酸味を焙煎によってどう引き出すか 
うみぼずう焙煎珈琲.jpg 
そういう観点からいますとうみぼうずのコーヒーには全てに酸味があります 
その酸味の質に一番気を使って焙煎をしています 
よく耳にする「フルーティ」とか「柑橘系の爽やかな」とかという酸味とは違います  

また一番イケない酸味「劣化による酸味」 これは例外なくダメな酸味です 
劣化すると酸味だけでなく匂いからして不快なものになります 
そもそも美味しくない 

ようするにコーヒーとは趣向品の飲み物 
液体となって口に含み飲んで美味しく楽しめるか 
理屈や肩書で味覚の感覚は少しは変わるものの 
口に含んで舌でころがして喉を通り過ぎた後の口に残る余韻 
これらが心地よく鼻から抜ける香りに酔いしれる 
そんなコーヒーを引き出せるよう焙煎に気を使い 
さらに美味しさを引き出せるコーヒー豆の焙煎をうみぼうずは模索し続けています 

それぞれに、、、

(2018年2月 2日 09:56) | コメント(0) | トラックバック(0)
うみぼうずでは現在 数種類の厳選したコーヒー豆だけを特化し 
この特化した豆のみを長年焙煎、研究しています 
単一のその豆だけを長年接していてもまだまだ美味しさを引き出せるのではないかと感じています
時には、ある年の豆の出来が悪かった年などは一年間その種類の豆の販売を中止した年もあります
コーヒーもワイン同様、その年々で農園での出来の違いがでる年もあります 
それに加え、それぞれがそれぞれに特徴があり性格が違い癖も違います 
なので各種それぞれ焙煎の匙加減も違ってきます 
皆同じ焙煎ではありません 
うみぼうずコーヒー.jpg
お客様の好みで焙煎度合いを指定で焙煎してくださるコーヒー店もあるかと思いますが 
うみぼうずではうみぼず独自での焙煎で、その豆の一番の美味しさが引き出せるであろう焙煎でお客様に提供しています 
豆によっては浅煎りに適していない豆、深煎りに適さない豆があると感じています 
適さないというのは「美味しくない」という意味 
コーヒーは趣向品 ご自分の思う美味しさのコーヒーで楽しむのが楽しみですが 
思っていたのと違うということも多々あるかと思います  
淹れ方などによっても思い通りにいかないのもコーヒー 
だから面白い 
うみぼうずは思っていた以上の美味しさをお届けしたいと 
より、さらに美味しさを引き出さる焙煎に取り組んでいます 

焙煎

(2018年2月 1日 16:16) | コメント(0) | トラックバック(0)
コーヒー豆は生の状態だと美味しく飲めないので 
焙煎という工程が必要である 
この焙煎によってそれぞれの豆が持つ美味しさの引き出し具合が決定付けられる 
ただ豆を炒って黒くするだけならば誰にでもできる 
興味のある方はぜひ一度やってみるといい 
とても簡単でとても楽しい、そして、何よりも美味しい 
自分で焙煎したコーヒー豆は格別な美味しさである 
ハンドピック.jpg
たくさんコーヒーを飲んで飲みなれてくればくるほど何かがわかってくる・・・
そして、わかれば分かるほど何も言えなくなってくる 
何だかんだ言えるうちは然程わかっていない 

しかし、我々(コーヒー屋)はそれらを何だかんだ言って伝えなければいけない 
あの店、この店、言い分は違うかもしれない 
しかし、それはそれでどちらも嘘ではない 
その違いがコーヒーの楽しみの一つになればまた楽しさが広がるは 
coffee焙煎機.jpg
同じ銘柄、同じ豆でも焙煎店が変われば全然異なる表現となっているはず 
そこが面白い 
肩書以上に違いが出て肩書以上に面白い 
そんなふうにコーヒーを楽しんでみては?

焼きたてガレット

うみぼうずの焙煎珈琲を全国配送。

 

お買い物ガイド

■配送料について

珈琲豆の送料につきましては下記の料金となります。
1配送先につき、合計税込3,240円以上ご注文いただいた場合、送料が無料になります。
代引き手数料は合計税込10,800円以上ご注文いただいた場合、無料になります。
当店では佐川急便を使用いたします。
※同梱のご指定は、午前9時~翌午前9時までのご注文内にて対応させていただきます。

全国送料料金表
地域 5kgまで 5kg以上
北海道 1036円 1252円
青森県,岩手県,秋田県 777円 993円
宮城県,山形県,福島県 691円 907円
茨城県,栃木県,群馬県,埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県,山梨県 604円 820円
新潟県,長野県 604円 820円
岐阜県,静岡県,愛知県,三重県 604円 820円
富山県,石川県,福井県 604円 820円
滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県,和歌山県 604円 820円
鳥取県,島根県,岡山県,広島県,山口県 691円 907円
徳島県,香川県,愛媛県,高知県 777円 993円
福岡県,佐賀県,長崎県,大分県 777円 993円
熊本県,宮城県,鹿児島県 777円 993円
沖縄県・離島 1620円 2160円

 

■お支払いについて

お支払いは代金引換のみとさせて頂きます。
佐川急便の「e-コレクト」にてクレジット決済をご希望の際は事前にお申し出下さい。
※ 代引き手数料は324円となります

■営業日・お問い合わせについて

インターネットでのご注文は24時間お受け付けております。
当店では 通常ご注文から翌営業日以内に、【受注確認】メールを必ず送信致しております。 万が一、メールが届いておられない方は、お手数ですが再度ご連絡をいただけますようお願いいたします。
定休日の水曜日はお電話・メールでのお問合せはお休みを頂いております。
フリーメールアドレスに関わらず、プロバイダーによってサーバー側にてセキュリティの強化等により当店からのご案内が迷惑メールと判断されている可能性がございます。
メールが届いていない場合はお手数ですが「迷惑メールフォルダ」をご確認を頂きますようお願い致します。
携帯メールをご利用の場合、当店からの連絡メールが拒否され届かないことが多くあります。 「info@umibouzu-cafe.com」からのメールを受信できる様に設定変更頂くと、ほとんどの場合は解決致します。

■返品・交換について

当方の発送ミスの場合は当店が送料と返送料を負担します。
それ以外の場合の送料・返送料はお客様の負担になります。
商品到着後、3日以内にご連絡ください。※未開封のままで返品となります。

■ 個人情報に関して

お客様からお預かりした大切な個人情報(住所・氏名・メールアドレスなど)を、 裁判所・警察機関等・公共機関からの提出要請があった場合以外、第三者に譲渡または利用する事は一切ございません。

詳しくはこちらをご確認下さい。

■お問い合わせ

sea side cafeうみぼうず  
運営責任者:山畑 耕造

〒922-0564 石川県加賀市片野町3-6
電話:0761-72-5169
営業時間 am10:00~pm7:00
毎週水曜日定休日
E-mail:info@umibouzu-cafe.com