自家焙煎珈琲豆の販売・卸販売。海の見えるカフェ。石川県加賀市片野町【Sea side cafeうみぼうず】

石川県加賀市片野町【Sea side cafeうみぼうず】

2018年2月

            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28      

月別 アーカイブ

最近のブログ記事

検索

2018年1月のアーカイブ

究極の普通

(2018年1月30日 11:51) | コメント(0) | トラックバック(0)
普通とは、人それぞれの主観で決まると思いますが
普通のコーヒーとは何ぞや・・・
自分の好みでいつも飲みなれているコーヒーが大体一般的な普通ではないかと思う
その根底を覆すような驚くコーヒーに出くわすと「なんとビックリ!美味しい」
なんて思ってしまうのもわかる気もする 
しかし、私は思う、人それぞれ普通は違うと思うが 
実は何に関しても普通が一番難しい 
変わった事をしようと思えば思い切ればいい 
しかし、思い切っても「普通」にはならない 
コーヒーも同様、変わった味、流行りの味、辺ぴな味、極端な味 
変わった驚くことを考えるならば思い切ればいい 
うみぼうず焙煎機.jpg
うみぼうずはそんなコーヒーを目指しているのではない 
「あ~コーヒー飲みたい」と思ったとき頭によぎるコーヒー 
そのコーヒーが究極に「美味しい」そんなコーヒー 
そんな究極に美味しいコーヒーが普通に いつ何時いつでも美味しく飲んで楽しめる 
そのつど鑑定士のごとく神経を研ぎ澄まして
苦みがどうの酸味がどうのと吟味するコーヒーもいいが 
普通に「もう一杯飲みたい」と思っていただけるそんな「究極の普通のコーヒー」でありたい 
うみぼうず焙煎珈琲豆.jpg
その「普通」が一番難しい・・・

美味しさの秘訣のひとつ

(2018年1月24日 09:29) | コメント(0) | トラックバック(0)
うみぼうずコーヒーファンの皆様
いつもありがとうございます

うみぼうずでも、その他ほかのコーヒー豆屋さんででも豆を買って
いつもご自宅で楽しんでおられる方々
その中でも、
「かなかうみぼうずのような味にならない」
「なかなか美味しく淹れる事ができない」
っといた声を聞きます 
そんな方々に 味しくコーヒーを楽しむ秘訣の一つ
うみぼうずドリップ
その一つは「濃度」
「濃いコーヒーが好み」または「薄いコーヒーが好み」
といったように自分で味の変化の調節ができるのも自分で淹れる楽しみの一つ 
ですが、その濃度が美味しく楽しめたりガッカリしたりしてしまう要素の一つなのです

その豆、その焙煎がその濃度にあった美味しさを持っているか 
その豆その焙煎でピッタリ美味しく甘みを感じスッキリと楽しめる濃度を
ご自分の器具でご自分のカップに合った抽出を探り 
その丁度を見つけることができれば よりコーヒーを美味しく楽しめるものと思います
その「濃度」がとても重要なのです 

ただただ闇雲に濃く淹れれれば美味しいのか 
ただただ濃いのが苦手だから薄く淹れたり、お湯で伸ばしてしまったり・・・
お湯で伸ばすのは一つの方法ではあります 
ですが薄くのばし過ぎてしまうとせっかくの旨味も薄まります
コーヒーの香りのする白湯では・・・

そもそも、元のコーヒー豆にその好みの美味しさがなければ 
それらを引き出すことはできません 

その豆、その焙煎によってそのストライクゾーンも異なってきます
うみぼうずのコーヒー豆が皆様に渋み、苦み、甘み、
三球三振!でノックアウト なコーヒー豆であることを願います。

だからコーヒーがおもしろい

(2018年1月19日 15:52) | コメント(0) | トラックバック(0)
同じ銘柄おなじコーヒー豆なのにほかで飲むとなんかちがう・・・
コーヒーの味はいろんな条件によって刻々と変わる
焙煎による味の決定によっても違うし 
焙煎されてからの時間経過によっても変わる 
淹れ方によってもまた違う風味で楽しめる
ドリップ.jpg
体調によっても変わるし
店の雰囲気なんかでも変わる気がする

肩書云々、同じ銘柄おなじコーヒー豆でもその違いを楽しめると
もっとコーヒーが楽しくなると思う
どこかで飲んだ「コロンビアコーヒー」の強烈な酸味がすべてのコロンビアコーヒーの酸味ではない

そんなふうに同じ銘柄で飲み比べるのも面白いと思う 
あと、体調の悪いときは大体、コーヒーも美味しく楽しめなくなります
体調管理にはくれぐれもお気をつけくださいませ

味の違いは・・・

(2018年1月18日 14:10) | コメント(0) | トラックバック(0)
コーヒーにはいろんな肩書がある 
収穫された国が銘柄になり栽培した農園名が看板となる 
いろんな審査を受けグレードに分けられ、値段の差となる 
もちろんそれぞれがそれぞれの味となるはずではあるのだが 
いつも私は思う 
それらコーヒーの肩書と 
牛や魚、野菜の肩書とは全く違ったところにコーヒー豆はあるのだと 
IMG_5222.jpg
たとえば、「松坂牛のA5ランク」と聞けば言わずと知れた美味しさで 
焼肉屋さんで生のまま皿で出されたものを各々で鉄板で焼いて食べてもそれはもうさぞかし美味しいことでしょう 
たとえば、「明石の鯛」ときけば言わずと知れた美味しさで 
お母さんが買ってきたその鯛をお家で捌いてお刺身もよし、焼いてでもそれはもうさぞかし美味しいことでしょう 
と美味しさが伝わる肩書である 

しかし、コーヒーの肩書はというと・・・
すべては生豆の状態でのグレードであり評価であり価格なわけで 
確かにそれらを決める鑑定士によって豆の持つ美味しさには間違いはないわけであって 
それといろんな認証コーヒーがあって 
オーガニックとかJAS認証とか 
はたまた、〇◇ショコラ・・・・ ※̻☐@ハニーとか・・・ 
それらも全ては生豆の状態での評価でありネームであり肩書である 

だからといって美味しそうとはならない 

それらの良いコーヒーの生豆たちのから美味しさを引き出すためには焙煎が必要であり 
その焙煎によって味が決定づけられるのだが 
その焙煎によって味が全く異なってくるのである 
IMG_5187.jpg
っと書いていてだんだんと自分がウザくなってきた・・・

でも、ひと昔のように「美味しくないコーヒー屋さん」って無くなったと思う 
それぞれがそれぞれで特徴があり好き好みはあれど 
いい豆を使うことはそれはとても意味のあることだと思う 

しかし、その肩書に惑わされないでほしい 
どこか他の「〇◇農園の※@」の焙煎コーヒー豆と 
うみぼうずの「〇◇農園の※@」の焙煎珈琲豆を一緒だと思わないでほしい 

うみぼうずはうみぼうず独自の焙煎理念で常により美味しくなるはずと考えながら
日々コーヒー焙煎での美味しさを引き出す焙煎の在り方に問答しています。

うみぼうずは 
いちいち鑑定士のごとく吟味して飲むコーヒーより 
何気に「コーヒー飲みたい」とおもった時にこそ 
何気に「あぁ~美味しい」ともう一口カップを口に運びたくなる 
そんな究極の普通を目指しています 

って、やっぱ上手く書けないや・・・・

価格改定のご案内

(2018年1月17日 16:19) | コメント(0) | トラックバック(0)
 平素よりうみぼうず豆販売ネットショップをご利用いただき誠に
ありがとうございます

うみぼうずでは各種コーヒー豆のより美味しさを心掛け、
お客様に上質なより美味しいコーヒー豆をお求めやすい適正な
価格でご提供できるよう努めてまいりました

しかしながら、世界的なコーヒー生豆の価格高騰と円安の進行の影響、
その他の必要経費の値上げなどにより全商品の価格を改定させて
いただくこととなりました

日頃ご愛顧の皆様に対して心苦しい限りではございますが、
よろしくご賢察のうえ、今後とも変わらぬご愛顧のほどお願い申し上げます。

       Sea sidecafe うみぼうず 
             店主 山畑耕造

うみぼうずコーヒー豆販売再開

(2018年1月15日 17:07) | コメント(0) | トラックバック(0)

■うみぼうず豆販売開始のお知らせ

平素は、当店をお引き立ていただき厚くお礼申し上げます。
この度、私事でお店を長期休業となってしまったことを深くお詫び申し上げます。
ようやく体の方も、何とか仕事ができるくらいまで回復しました。

しかしながら、本来の営業スタイルまではいかず、現在は豆のオンライン販売のみの営業とさせて頂いております。
店頭販売の場合はご一報頂けましたら幸いです。

皆様にご迷惑をおかけししますが、営業再開までには今少しお待ち頂けますようお願い申し上げます。
なお、入院中や退院後に温かい励ましのメッセージを頂きまして心より感謝申し上げます。

一日も早い再開を目指したいと思いますので、これまで同様のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

平成30年1月12日

Sea Side Cafe うみぼうず

焼きたてガレット

うみぼうずの焙煎珈琲を全国配送。

 

お買い物ガイド

■配送料について

珈琲豆の送料につきましては下記の料金となります。
1配送先につき、合計税込3,240円以上ご注文いただいた場合、送料が無料になります。
代引き手数料は合計税込10,800円以上ご注文いただいた場合、無料になります。
当店では佐川急便を使用いたします。
※同梱のご指定は、午前9時~翌午前9時までのご注文内にて対応させていただきます。

全国送料料金表
地域 5kgまで 5kg以上
北海道 1036円 1252円
青森県,岩手県,秋田県 777円 993円
宮城県,山形県,福島県 691円 907円
茨城県,栃木県,群馬県,埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県,山梨県 604円 820円
新潟県,長野県 604円 820円
岐阜県,静岡県,愛知県,三重県 604円 820円
富山県,石川県,福井県 604円 820円
滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県,和歌山県 604円 820円
鳥取県,島根県,岡山県,広島県,山口県 691円 907円
徳島県,香川県,愛媛県,高知県 777円 993円
福岡県,佐賀県,長崎県,大分県 777円 993円
熊本県,宮城県,鹿児島県 777円 993円
沖縄県・離島 1620円 2160円

 

■お支払いについて

お支払いは代金引換のみとさせて頂きます。
佐川急便の「e-コレクト」にてクレジット決済をご希望の際は事前にお申し出下さい。
※ 代引き手数料は324円となります

■営業日・お問い合わせについて

インターネットでのご注文は24時間お受け付けております。
当店では 通常ご注文から翌営業日以内に、【受注確認】メールを必ず送信致しております。 万が一、メールが届いておられない方は、お手数ですが再度ご連絡をいただけますようお願いいたします。
定休日の水曜日はお電話・メールでのお問合せはお休みを頂いております。
フリーメールアドレスに関わらず、プロバイダーによってサーバー側にてセキュリティの強化等により当店からのご案内が迷惑メールと判断されている可能性がございます。
メールが届いていない場合はお手数ですが「迷惑メールフォルダ」をご確認を頂きますようお願い致します。
携帯メールをご利用の場合、当店からの連絡メールが拒否され届かないことが多くあります。 「info@umibouzu-cafe.com」からのメールを受信できる様に設定変更頂くと、ほとんどの場合は解決致します。

■返品・交換について

当方の発送ミスの場合は当店が送料と返送料を負担します。
それ以外の場合の送料・返送料はお客様の負担になります。
商品到着後、3日以内にご連絡ください。※未開封のままで返品となります。

■ 個人情報に関して

お客様からお預かりした大切な個人情報(住所・氏名・メールアドレスなど)を、 裁判所・警察機関等・公共機関からの提出要請があった場合以外、第三者に譲渡または利用する事は一切ございません。

詳しくはこちらをご確認下さい。

■お問い合わせ

sea side cafeうみぼうず  
運営責任者:山畑 耕造

〒922-0564 石川県加賀市片野町3-6
電話:0761-72-5169
営業時間 am10:00~pm7:00
毎週水曜日定休日
E-mail:info@umibouzu-cafe.com