自家焙煎珈琲豆の販売・卸販売。海の見えるカフェ。石川県加賀市片野町【Sea side cafeうみぼうず】

石川県加賀市片野町【Sea side cafeうみぼうず】

2017年6月

            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30  

月別 アーカイブ

最近のブログ記事

検索

焼きたてガレット

2014年11月のアーカイブ

もうお分かりでしょうが・・・

(2014年11月28日 15:44) | コメント(0) | トラックバック(0)

このブログをご覧になっている方々には

もうお分りかとおもいますが

当店はコーヒー豆屋さんなんです

UMIBOUZU COFFEE

うみぼうずでコーヒー豆を焙煎し販売しています。

いまだにコーヒー屋さんだと知らずに訪れるお客様が多いのです・・・

 

Coffee Engineer

(2014年11月27日 11:46) | コメント(0) | トラックバック(0)

以前、、、ってか、もう随分前になるか・・・

あるバリスタの方との会話の中で

F1レースとのたとえ話で

F1ドライバー=バリスタならばロースター=エンジニアだと

コーヒー界のドライバーは如何に豆を熟知しEspressoマシーンを使いこなし

最高のコーヒーを抽出できるか

COFFEE ENGINEER

しかし、如何なるバリスタであろうとも

生のコーヒー豆から美味しいコーヒーの抽出はできない

如何にその豆の持つうま味を抽出出来るように

チューンナップするかがエンジニアの技量の見せ所

 

もちろん、ベースとなる豆が粗悪な豆だといくらチューニングの名手であろうとも

美味しくするのは無理がある

しかし、如何にベースの豆が良くともチューニングがイマイチだと残念な結果となるであろう

 

ベースを何を使いどうチューニングするかは

どうか、このコーヒーエンジニアにお任せいただきたい

納得でご満足のできる仕上がりをご堪能いただけるよう

同じ品種、同じ豆でさらに研究を重ねて参りたいと思います

 

※技術者(ぎじゅつしゃ、英語: engineerエンジニア)とは、主に工学(エンジニアリング)分野の専門的な技術を持った実践者のこと。

なにしろ ぶきっちょなもんですから・・・

(2014年11月21日 14:22) | コメント(0) | トラックバック(0)

お客様からの手土産で他のお店の焙煎コーヒーを

「一緒に飲んでみましょう!」と言って持ってきてくださる方が多くおいでになります

先日も一杯肖りました

そのコーヒーは、今の流行り?なのか失敗なのか・・・

いやいや、焙煎の意図をヒシヒシと感じるコーヒー豆だった

それは「酸味」というものを全面に出したかったらしきコーヒーだった

「酸味」と言ってもいろんなジャンルがある

一番の大きな違いは「浅煎り」と「生焼け」

この二つの酸味は全く異なる酸味である

うみぼうずROAST COFFEE

初めてうみぼうずへ来るお客様の多くには

「酸味が苦手なんですが・・・」

「酸味のないコーヒーはどれですか?」と言われる

そのたびに思う(いつもどんなコーヒー飲まされているのだろう?)と

そういう方にも私は言わせていただいています

「コーヒーの旨みは酸味にあるのです」と

それらを生かすも殺すも焙煎の匙加減によるもの

あまり見え透いた生焼けのコーヒーって「ブリッ子しすぎでは?」と思ってしまう

やはり、これも好みの問題なのか・・・

「ブリッ子」しすぎているコーヒーは間違いなく冷めると美味しく無くなります

(熱くても美味しくないですけど)

しかし、今のビジネス的に考えるとどうなのでしょうか?

今の流行り?サードウェーブ的な?

そう考えると上手だなぁ・・・と思えたり・・・

 

しかし、

「自分、不器用ですから・・・」

これからも「硬派なコーヒー」で美味しく行きたいと思います。

 

合掌

焙煎の違い

(2014年11月 7日 13:11) | コメント(0) | トラックバック(0)

せっかくの良い生のコーヒー豆も

液体として飲めるコーヒーとなるために焙煎という行程を経てのこと

この焙煎で豆の持つ旨みのどこがどのように液体に溶け込んで

どんな液体のコーヒーとなるかが決定づけられる

その焙煎での火の入れ方にによって同じ豆であっても表現はまったく違った風味となる

うみぼうずコーヒー豆

その他に、

その後の保管のしかた

時間の経過

抽出方法

いろんな条件を経て美味しいカップとなる

 

その過程もまた楽しみの一つではないだとうか

 

しかし、それらで焙煎の違いは克服できない

 

中から外から・・・

(2014年11月 3日 11:30) | コメント(0) | トラックバック(0)

今日の海は大荒れ

昨日より一段と寒くなり

朝一番にはストーブが必要な気温となりました

Hot coffee & stove

そして、温かいコーヒー!

美味しく暖まりました♪

月が変り季節が変り・・・

(2014年11月 1日 16:12) | コメント(0) | トラックバック(0)

今日から11月

すっかり海の様子も変りました

そして、うみぼうずのコーヒー豆のネット販売

今日から「ポイント2倍」!

うみぼうずコーヒー豆

温かいコーヒーの美味しい季節

美味しく楽しみましょう♪

うみぼうずの焙煎珈琲を全国配送。

 

お買い物ガイド

■配送料について

珈琲豆の送料につきましては下記の料金となります。
1配送先につき、合計税込3,240円以上ご注文いただいた場合、送料が無料になります。
代引き手数料は合計税込10,800円以上ご注文いただいた場合、無料になります。
当店では佐川急便を使用いたします。
※同梱のご指定は、午前9時~翌午前9時までのご注文内にて対応させていただきます。

全国配送料金表
地域 北海道 東北 関東・信越・中部・関西 北陸 中国・四国 九州 沖縄
5kgまで 864円 648円 432円 324円 540円 648円 1620円
5kg以上 972円 756円 540円 432円 648円 756円 2160円

■お支払いについて

お支払いは代金引換のみとさせて頂きます。
佐川急便の「e-コレクト」にてクレジット決済をご希望の際は事前にお申し出下さい。
※ 代引き手数料は324円となります

■営業日・お問い合わせについて

インターネットでのご注文は24時間お受け付けております。
当店では 通常ご注文から翌営業日以内に、【受注確認】メールを必ず送信致しております。 万が一、メールが届いておられない方は、お手数ですが再度ご連絡をいただけますようお願いいたします。
定休日の水曜日はお電話・メールでのお問合せはお休みを頂いております。
フリーメールアドレスに関わらず、プロバイダーによってサーバー側にてセキュリティの強化等により当店からのご案内が迷惑メールと判断されている可能性がございます。
メールが届いていない場合はお手数ですが「迷惑メールフォルダ」をご確認を頂きますようお願い致します。
携帯メールをご利用の場合、当店からの連絡メールが拒否され届かないことが多くあります。 「info@umibouzu-cafe.com」からのメールを受信できる様に設定変更頂くと、ほとんどの場合は解決致します。

■返品・交換について

当方の発送ミスの場合は当店が送料と返送料を負担します。
それ以外の場合の送料・返送料はお客様の負担になります。
商品到着後、3日以内にご連絡ください。※未開封のままで返品となります。

■ 個人情報に関して

お客様からお預かりした大切な個人情報(住所・氏名・メールアドレスなど)を、 裁判所・警察機関等・公共機関からの提出要請があった場合以外、第三者に譲渡または利用する事は一切ございません。

詳しくはこちらをご確認下さい。

■お問い合わせ

sea side cafeうみぼうず  
運営責任者:山畑 耕造

〒922-0564 石川県加賀市片野町3-6
電話:0761-72-5169
営業時間 am10:00~pm7:00
毎週水曜日定休日
E-mail:info@umibouzu-cafe.com